[486]  宮崎留美子
08/25 20:59
ポルノ小説を新規アップしています。よろしければ、そのブログをごらんください。つぎの文章は、小説の途中の一節です。
 
「 彼は、私を、お姫様だっこで、ベッドルームのダブルベッドに寝かせつけた。そして甲斐甲斐しく私の脚を触りながら、ミニスカートのホックをはずし、スカートを下ろしていく。黒いストッキングにつつまれた足をゆっくりと愛撫しながら、愛撫はつま先へと下がっていく。黒のストッキング越しに透けて見える足指の赤いペディキュアはちょっとエロチックだ。自分自身にはなんの価値もない黒ストッキングにつつまれた、ちょっと蒸れた足指。それを藤野はさも愛おしげに愛撫している。藤野の欲棒はますますいきりたっていく。」
http://rumikonovel.blog.jp/archives/6685728.html

イイネ!(3) PC
[編集] [削除]

親スレッド
管理

無料レンタル掲示板ぺたぼーど